info@messer.com.vn

メッサーグループ

世界最大の産業ガスファミリー企業

メッサーは、現在Stefan Messerによって管理されている、世界最大の産業ガスファミリー会社です。

複数の国での営業

メッサーは現在、ドイツ、フランス、アメリカ、スペイン、中国、ベトナムなど世界35か国以上で60の企業が活動しています。

多様な品目

メッサーは現在、酸素、窒素、アルゴン、二酸化炭素、水素などのような製品を販売して、市場で最も多様な品目を持つ会社です。

35か国以上での営業

メッサーの60社以上は、主にヨーロッパとアジアの35か国以上事業を展開しています。国際営業はフランクフルト・アム・マイン(Frankfurt am Main)から管理され、中核的な技術(ロジスティクス、エンジニアリング、製造、応用技術)の管理はクレーフェルト(Krefeld)が担当しています。

質の高い研究開発システム

メッサーグループは近代的な究所があり、食品技術、医学、科学研究向けのガスの応用技術を開発しています。

phòng thí nghiệm
ứng dụng

多様な品目

アセチレンからキセノンまで、メッサーグループは市場の最も多様な製品を持っています。酸素、窒素、アルゴン、二酸化炭素、水素、ヘリウム、溶接シールドガス、特殊ガス、医療ガスなどのさまざまなガス混合物を供給します。

メッサーグループの情報詳細をもっと知るために

歴史

ガスに心酔する家族の伝統

1898 - 1964

起業や急速な発展

  • 1898 - Adolf Messerは、アセチレン発電機と照明器具のメーカーとして、Hoechstで Frankfurter Acetylen-Gas-Gesellschaft Messer & Cieを設立しました。
  • 1903 - Ernst Wissは、Griesheim-Elektronで最初の水素-酸素切断 トーチを開発しました。 次は、酸素燃料溶接と切断のための機器と機械です.
  • 1908 - Chemische FabrikGriesheim-Elektronに最初の酸素プラントが開設されました。

1964 - 2003

グローバル企業に成長しました。

  • 1965 - Messer Griesheim GmbHは Hans Messerの時代に生み出されました。 Adolf MesserGmbHをHoechstのKnapsack-GriesheimAG部門と合併しました。
  • 1966 - 西ヨーロッパと北アメリカに拡大しました。
  • 1990 - 東および中央ヨーロッパへの拡大しました。
  • 1995 - 中国に進出し、急速に拡大しました。
  • 2001 - Goldman Sachs とAllianz Capital Partnersは Hoechst (Aventis)の株式を共有しています。

2003 - 2015

家族所有復帰

  • 2004 - GmbHメッサーグループの設立:メッサーは再びメッサーファミリーグループによって完全に所有されています。
  • 2005 - 溶接および切断は、再びメッサーグループによって完全に所有されています。
  • 2006 - メッサーグループとメッサーユーテクティックカストリンの売上高は初めて10億ユーロを超えました。 ヨーロッパとアジアでの事業拡大.
  • 2008 - ドイツでGmbHメッサーグループ産業ガスを設立
  • 2011 - バートゾーデンの本社に移転
  • 2014 - GmbHメッサーグループは創業10周年を記念

2015 - 現在

アセアンへの進出

  • 2016 ASEANでの拡大:シンガポールとマレーシアで事業を行う新会社が設立されました。
  • 2017 ASEANでの拡大:タイとインドネシアで事業を行う新会社が設立されました。
  • 2018 メッサーの120周年記念。
ja日本語